公開申請の準備

Certificateの作成

証明書を作る必要がある。
(作ったときにメモするのを忘れたので手順説明省略…)

有効期間は1年なので、切れたら再作成が必要。
切れる前に更新する方法は不明。


Identifierの追加

iOS Dev Centerを開く
右カラムのiOS Developer Program > Certificates, Identifiers & Profilesを開く
一番右のiOS Apps > Identifiersを開く
「+」ボタンで追加画面へ

App ID Description 追加するIdentifierがどのアプリのためのものなのか特定できるようなID(アプリ名に関連する文字列など)
App ID Suffix Explicit App IDを選択
Bundle IDの入力欄に、Xcodeで設定したBundle Identifierと同じものを入力する
App Services 必要なものだけチェックをつける


Provisioning Profileの作成

Identifierの一覧画面の左カラムでProvisioning Profiles > Distributionを選択
「+」ボタンで追加画面へ

Distribution > App Storeを選択してContinueボタンを押す
申請するアプリのApp IDをプルダウンで選んでContinueボタンを押す
Distribution用の証明書を選択

Profile Name どのアプリ用のプロファイルかわかる名前(アプリ名など)にしておくのが無難

Generateボタンで作成


作成したProfileをOrganizerに登録

Downloadボタンを押して、作成したProvisioning Profilesをダウンロードする
ダウンロードしたファイルをダブルクリック → Organizerが起動してProfileが登録される



コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-07-18 14:21:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード